2013年2月24日(日)


西よりの北風が非常に強い日だった。

午前9時頃、とりあえず手賀川へと向かったが、強風と荒波で竿を出す気にならず。

六軒川カーブ地点の内側を下見してみると土手を背後にしているので、

ある程度は風が遮られて水面は荒れていなかったが、体に当たる風は相当冷たく、

我慢して続けられそうな気がしなかったので、印旛新川へと移動した。







北風を避けると言えばここ。










神崎川合流点上流の北岸に釣り座を決めた。

10時20分頃に十五尺にて餌打ち開始。











後ろからの風なので水面は波立たなくて都合いいんだけど、

畑の土が風に舞い上がって砂ぼこりがひどい!








最初は我慢してやっていたんだけど、












もうこうなると砂嵐状態。











ぶへ〜〜〜!  前が見えん!







と、この砂嵐の中、Sさんが現れた!

別に一緒に釣りする約束していたわけじゃないのに釣り場で遭遇できたということは、

考えていることが一緒なのかな?(笑)




この場所は砂だらけになってしまうので、神崎川合流点下流へ移動することにした。









餌のグルテンもいつの間にか粒戦細粒を加えたかのように茶色くなってしまった(笑)

もう釣り道具全て、頭も体も砂でジャリジャリですよ!











神崎川合流点下流のコンクリ護岸に移って竿を十九尺にして釣り再開。

Sさんは自分の右隣で同じく十九尺。










ここでは風が左から吹いたり背後から吹いたりで水面はなかなか穏やかにならない。










夕方になるにつれて風の冷たさが増してきた。









ただの強い風だったら問題ないんだけど、背中に当たる強烈な冷風で寒さが我慢できなくなり、

日没前後のチャンスタイムを待てずに午後4時に撤収。

結局ノーピクにて終了となってしまった。



Sさんは1回だけ明確なアタリが出たそうだったが、ちょうど竿から手を離していたときだったそうで、

残念ながら何も釣れないまま終了となった。





こんな北風の強い日は釣りをするもんじゃないね。





本日の釣果

おでこニョ〜ン!(泣)