2014年12月14日(日)


昨夜の忘年会のときに翌日の日曜日はどこへ釣りに行こうかとみんなで話し合ったがまとまらず、

S山さんが同僚の方々と一緒に管理釣り場さくら湖へ行く予定との事だったので、

我々TEAM 手賀沼も さくら湖へ行ってS山さん達に合流することになった。


TEAM 手賀沼 vs TEAM G-hera(ジー・ヘラ) かな?(笑)

(S山さん達しかこのネーミングの意味はわかりませんね・・・)



本当は朝一番に衆議院選の投票へ行ってから釣りに出発しようと思っていたが、

それだと釣り場到着が遅くなるので、帰宅後に投票へ行くことに変更。






先に到着していた せきろーさん御兄弟がB桟橋南向き西寄りに入っていて、

自分はその斜め裏側の北向きのゴミ箱脇に入った。

TEAM G-hera の皆さんはC桟橋北向き東寄りに5人並んで入っていた。













何尺で何をやろうかとしばらく考えて、先ずは十二尺チョーチンウドンセットで開始することにした。



バラケは SET GUN + 段差バラケ + とろスイミー + 粒戦。

ウドンは感嘆に粒戦細粒を混ぜたものを使用。




餌打ち開始後、30分も経たないうちにもっと深い方が釣れそうな気になってきたので

早々に十五尺での段底にチェンジ。





何回か竿を絞られたもののスレの連続。

それ以前にアタリというかサワリも滅多に現れない状況。



周囲を見渡しても竿を絞っている人を見かけるのは稀なほど釣れていない。







せきろーさん御兄弟も釣れていない様子。












少し遅れて到着した銀チェロさんとマーちゃんもウキは動かないようだ。







自分は十五尺段底で5回玉網で魚をキャッチしたものの、その全てが

アッパーだったり鰓だったり、口には近いもののスレばかりで境地に立たされ続けた。



段底がダメなら底を切ってタナを色々探ったり、

下ハリスの長さを80cmから10cm刻みで40cmまで色々とこれでもかと試したり、

バラケのタッチや大きさ、バラケ具合をあれこれ試したけどちっとも効果が表れず・・・・・。










そんな厳しい状況の中、気持ちを和らげてくれたのは桟橋をウロチョロするハクセキレイ。


試しにバラケを一つまみ投げ与えたらヘラバッグのすぐ脇までトコトコ歩いてきてパクパク食っとりました。









すると1mも離れていない左脇にあるゴミ箱の上にとまった!

こちらの「ハク子ちゃーん!」という心から投げかけた愛情が通じたか?

どうやら気に入られちゃったみたいで、こちらをじっと見つめております♪(笑)






やがて昼食の時間になった。

メンバー全員ノーフィッシュという非常につらい状況のTEAM 手賀沼とはうって変わって、

C桟橋のTEAM  G-hera の方々は合計して23枚も上がっていた。





食堂へ向かう足取りが重い・・・(笑)










昼食は牛丼¥700.- 

けっこう美味でしたよ〜♪





午後からは十尺チョーチンウドンセットで例のピョコピョコ釣りで挽回を図った。




が、




冬の低水温で活性が落ちたヘラには効果がなかったようで全然ダメ。






気が付くともう午後2時に近い。

未だにTEAM 手賀沼は全員おでこ街道まっしぐら!

(なんてこった! 自分だけならまだしも他のメンバー全員ノーフィッシュですよ・・・・)




真っ先に銀チェロさんが戦線離脱。

いつもの様子見モード突入です!(笑)




終了間際、マーちゃんが両グルで一枚釣り上げてオデコ脱出。

せきろーさん御兄弟は何とお二人揃ってノーフィッシュで納竿です。





自分は・・・・




最後の30分、十七尺バラグルセットの底釣りに賭けてみたが間に合わず終了時間を迎えてしまった。

管釣りでノーフィッシュは初めての経験だ。

これはここ さくら湖にはいずれリベンジを果たしたいところだ。



TEAM G-hera の竿頭はYさんで12枚となっ!! 

釣り方は段底で、メンバーの合計では30枚超えているとの事。

ありゃまー、こりわ完敗ですわ・・・・(笑)




最後の両グルが最もアタリが多かったところをみると、

さくら湖での激渋の時は焦らずじっくり両グル底釣りでの待ち釣りを通してやっていればよかったみたい!?







本日の釣果

おでこニョ〜ン